Powered by Six Apart
フォトアルバム

いつでも里親募集中

子猫の保護日記(みゅう) Feed

2009年9月13日 (日)

子猫のみゅう

2008.9.14(

ピンポ~ン 出てみるとYさん。

「さっき気がついたんやけど、首の右側が腫れてるみたいやねんけど・・」

触ってみると確かに親指大の腫れがある。硬い物ではなく押えても痛がる様子はない。

「今から病院に連れて行ってみます」

時計を見ると14:00 何とか間に合いそうや。

父ちゃんに事情を話してお留守番を頼み、慌てて車を走らせる。

何か悪い病気やったら・・・・・箱の隅にうずくまる子猫。

大丈夫やでって撫でてあげると、見え初めたばかりの青い目で私をじっと見つめる。

あ~ダメダメ、可愛いと思っちゃダメ!

日曜のわりには空いていて10分程待って診てもらえた。

先生は水分が溜まってるようやね~

水分?そういえばプヨプヨしてたなぁ

抜かせてもらって良いですかとおっしゃるので、ハイと。

消毒した後、注射針を刺す。ミャって小さく鳴いた。

膿が溜まってますね~と先生。もう少し太めの針で抜き出す。

ミルク色の物が注射器の中に溜まる。針を抜いた所から膿が出てきた。

かなりの量だ。膿を出し切った後、生理食塩水で中を洗う。

何度も何度も丁寧に洗う。すると白い膿の芯のようなものが出てきた。

その後、イソジンを注入して消毒、化膿止めの薬を注入して処置終了。

たぶん自分の爪で傷ついた所に、ばい菌が残ってしまったんでしょうとの事。

しばらくは消毒の為、毎日通う事に。

化膿止めの注射をしてもらって、明日からの飲み薬も出してもらう事に。

痛みが取れてホッとしたのか、あっ、うんちしちゃった!

看護師さんの手の中で・・それも大量に出るわ出るわ・・・

看護師さん、ごめんなさいsweat01

料金精算を待っている間に今度は別の看護師さんが爪の先を少しつんでくれた。

                          cat

帰りの車の中、何だろう涙が止まらない。

痛かったやろうなぁ、こんなになるまで・・痛みを訴える事も出来ず・・・

こんなちっちゃい身体で、たったひとりで耐えてたんやね。

15:20 帰宅。Yさんに結果報告してお薬と一緒にお願いしてくる。

夕方、会った時「ミルクすごく飲むようになったよ~」って。

やっぱり、痛かったんや、だからミルクも上手に飲めなかったんや。

今日の体重=271g

              clover         clover         clover

2008.9.15(

今日も消毒の為、病院に連れて行く。

11:00Yさん宅にお迎えに行く。

痛みが和らいだからか、1回に飲む量は変らないが回数が増えたと。

今までは起こして飲ませていたのが自分からお腹が空いたとアピールするように。

お薬もちゃんと飲めているようです。正直なもので今日は動きも活発ですnote

またちょっと痛い思いするけど頑張れよ!助手席の子猫に話しかける。

今日もタイミングよく、あまり待たずに診てもらえた。

本日は傷口がよく見えるようバリカンでカットされるところからスタート。

昨日と同じく生理食塩水で何度も洗浄。イソジンで消毒後、化膿止めを注入

昨日は痛くて抵抗する元気もなかったのか、大人しく鳴きもしなかったのに

今日はちっちゃな足をつっぱって必死の抵抗、ミャアミャア大鳴き!

先生も看護師さんも笑ってた、元気が出てきた証拠やね。

ほんの少し膿らしきものが出たが、もう大丈夫でしょうとの事で次は水曜日。

まだ、はっきりしないけど、どうやら女の子っぽいそうです。

今日の体重=283g

12:30帰宅。今日の結果報告をしてYさんにお願いしてくる。

                        cat

ほんとは名前つけてあげたいねんけど・・・ダメダメ。

この仔はいずれ里子にだす仔。

情が移って手放せなくなるとアカンから、そんな事したらダメ!

自分のおててで遊んでる無邪気な姿・・・

可愛いなんて思ったらアカンねん!

                 clover       clover       clover

2008.9.17(水)

今日も消毒の為、病院に連れて行く。

会社の帰り、その足でYさん宅にお迎えに行く。

「私のやり方が悪いんかなぁ~うんちが出ないねん」まだ一度もお家では出てません。

食欲も出てきて、ミルクもよく飲むようになったけど・・・

今日は傷口を少し押してみる。薄く血が混じった汁が出る。

注射器を使ってイソジンで洗浄消毒。これがしみるようで可愛い抵抗をする。

次はお薬が無くなる日曜日にとの事。

うんちが出ない事を話すと先生がおしりをコチョコチョ。

出てくる出てくる、いつまで続くねん!うんちはとめどなく出る。

先生と看護師さんと私、けっこうイイ大人が3人子猫のうんちを凝視してる。

何かおかしくなって、笑いそうになっちゃった。

今日の体重=316g

とても元気になりました。よかったねぇhappy01

                clover       clover        clover

2008.9.21(

今日は子猫を病院に連れて行く日。

Yさんからの報告

○ ミルクはよく飲むようになった。

○ 部屋を散歩して疲れると自分からケースに入って湯たんぽにくっついて寝ます。

○ 自分でおしっこが出来るようになりました。(うんちはまだ手助けが必要)

○ ミルクだけでは物足りなさそうにします。(離乳の時期なのでしょうか)

日曜の朝一番はものすご~く混んでるのに、この時間になるとけっこう空いていて

5分ほど待って診察室へ

今日の体重=360g 順調に育っています。

傷口もふさがり、ちいさなかさぶたになっています。

今のところ、再び膿が溜まる事も無く、良くなっている様子。

離乳の件について聞いてみたら、子猫用のカリカリの試供品を下さった。

まだ、ミルクが主体ですがカリカリをふやかして少しずつ与えてみてください。

嘔吐や下痢などの症状がなければ、少しずつ量を増やしていって

ふやかす硬さもそれに応じて硬くしていって下さいとの事。

念のため、お薬もう1週間分出ました。

この仔の爪をつんでくれた看護師さんに「お名前決まりました?」って聞かれて

「つけてあげたいんですけど・・手放せなくなるといけないんで・・・」と言うと

「そうですね~」って、ちょっと辛そうやった。猫好きな看護師さんです。

12:30帰宅。Yさん宅に送る前にお写真を撮る。

ほんとに元気に活発になりました。

お薬と試供品のカリカリを渡し、結果報告をしてお願いしてきました。

        Img_0031

  貴女は運のいい仔です。他の兄妹達の分までしっかり生きなさい!

         Img_0032

  必ず、優しい里親さんを探します。だから・・・生きて・・・

                clover       clover       clover

2008.9.23(

今日、Yさんが報告に来てくれました。

子猫ちゃん、今日出来るようになったことが2つ。

1つ目は離乳。パピー用の缶詰を与えて下さっています。

   それにカリカリを少し混ぜて・・下痢や嘔吐も無く順調に離乳できています。

2つ目はトイレ。ちっこもうんちもちゃんとトイレで出来るようになったと。

偉い、偉い。おりこうやね!

         Img_0036

ほんとはいけない事なんでしょうけど・・・

この仔に名前をつけました。口には出さない、私の心の中の名前・・・

『みゅう』です。生まれは野良ちゃんでも里子に行く時は『○○みゅう』として

送り出してあげたいのです。

病院に張り出してもらう『里親様募集中』のチラシも作りました。

早く、本当の家族が見つかるといいね! みゅう!

                clover       clover       clover

2008.9.28(日)

今日はみゅうを病院に連れて行く日。

病院に行く前に、一昨日この仔のために買った赤いベルベットの首輪をしてあげる。

一番小さいサイズを買ったのにガバガバですsweat01

それでも、この仔が動くと可愛い鈴の音が聞こえます。とっても似合ってるよ!

「もう、野良ちゃんじゃないよ」って伝えたかった。

病院で知り合いの方に会う。「あれ?なんで猫ちゃん?」と聞かれ事情を説明。

周りにいた人も聞いてくれてたし、里親募集のチラシも貼ってもらったし・・・

どうか、良いご縁に恵まれますように!

今日の体重は508g。おぉ~っ、500g越えたね~2度目の検便も寄生虫なし。

10月26日に1回目のワクチンの予定。その際に血液検査もしてもらう事になった。

先生いわく、「お外で生活していた仔なのでウイルス性の病原菌が心配ですね」

ワクチンも何もされていない両親から生まれたんやから

何か持っていても不思議じゃない。

この仔が幸せになるために後いくつのハードルを越えなあかんねやろ。

ただ、生きたいだけやのに・・・

充分とはいえないまでも、父ちゃん、かぁちゃんの愛情を一身に受けている

我が家のちび達の事を思うと、この仔がふびんでなりません。

私の腕にすがり、安心したように眠るこの仔を見て涙がこぼれます。

ママが恋しいよね、暖かい胸に抱かれたいよね、ひとりは寂しいよね。

もう少し、頑張ろうな!

         Img_0060

みゅうが今夜も楽しい夢を見れますように・・早く、優しいママに会えますように!

         Img_0056

       おやすみ、可愛いみゅう・・・

2009年8月15日 (土)

子猫のみゅう

2008.9月12日(金)

会社の帰り、子猫を病院に連れて行く(T先生)

体重=264グラム 増えてる、増えてる!良かったね。

Yさんの報告ではおしっこは出るがウンチが出ていない。今日で4日だね。

看護師さんが根気強く続けてくれたら・・・出た~

早速、ウンチの検査をしてもらうが今のところは寄生虫は無し。

病気の有無を調べるのは体重が500グラムを越えてからの方が良いとの事。

とりあえず、今は順調です。

くしゃみや嘔吐、保温に気をつけて下さいとの事でした。

Yさんがちゃんと湯たんぽを入れてくれてました。さすがですね。

私やったら、まだまだ暑いこの時期に湯たんぽなんて思いもしません。

風邪ひかせちゃうところでしたsweat01

21:30 おしっこをさせてミルクをあげる。10㏄程しか飲まない。

鳴きもせず、ずっと寝てる。大人しくていい子です。

22:40 お出掛けしてたYさんがお迎えに来てくれて、今日の結果を報告

今、帰りました。

また、来週の金曜日に会おうね。Img_0010

子猫のみゅう

もうすぐ1年になるねんなぁ~

私が初めて保護した子猫です。

        Img_0011

2008.9月9日PM4:00過ぎ、トラックの荷台で発見される。

ちょうど1週間前に倉庫でまだ目も開いていない子猫を部長が見つけた。

奥さんの実家の猫ちゃんが赤ちゃんを産んだところやから

受け入れてくれるかもしれないからと連れて帰ってくれた子が

昨日、亡くなったと聞かされた日の夕方だった。

母猫は受け入れてくれたが、子猫の衰弱が酷くおっぱいに吸い付く力も

残っていなかったらしい。スポイドでミルクを与えてもらったが・・・

ダメやったと。

きっと、この子の兄妹やったんや。この子は何としても助けてあげたい。

「もう無理やで」 部長の先制パンチ。

        cat             cat            cat

何の経験も無かった私が初心を保護しても大丈夫って思えたのは

この子のおかげやったかもしれません。

今まで気づかなかった人の意外な面を知ることができました。

気持ちだけではどうにもならない事もあることを知りました。

人の輪(つながり)の大切さも再認識しました。

この子を保護してから、ほんとのお家が見つかるまでの1ヶ月弱の

日記があります。

少しずつ書いていこうと思います。

             cat         cat        cat

会社の帰り、病院へ連れて行く。

父ちゃんにもどうすんのって叱られたけど、私もどうしていいかわかんない。

診察の結果、生後3週間ぐらい。ノミだらけ・・・先生と看護師さんとで

ノミを駆除してくれた。これだけ小さいとノミにさされて貧血をおこし

死に至ることもあるらしい。

目も結膜炎っぽいので目薬をさしてもらう。

子猫は自分で排尿、排泄ができないのでティッシュ等で刺激してあげると・・・

おしっこした。

お腹が空いているようなのでミルクを哺乳瓶で与えると飲んでくれた。

哺乳瓶に慣れるまではあまり飲まないかもしれないねとの事。

頭の中が真っ白になった。

2~3時間おきの授乳、排泄。

うちにはレオやめぐがいるのに・・どうしよう・・途方にくれた。

父ちゃんには「可哀相でもどうしようもない事だってあるんや」って叱られるし。

帰って、レオとめぐにご飯をあげて、父ちゃんにはホカ弁で我慢してもらって・・

お隣のYさんに相談に行った。

事情を話すと「私、今仕事してないし、やってみようか」って言ってくれた。

5匹の猫ちゃんはみんな拾ってきた子で1匹なんて生まれたてで毛も生えてなくて

ウインナーくらいしかなかったけど、そんなの育てた経験あるからといとも簡単に

引き受けてくれた。アドバイスしてもらおうと行っただけやのに・・・

ほんとに良いんですか? 「大丈夫、まかせて」 

もちろん里親さんは探す約束で。

父ちゃんに訳を話したら、また叱られた。

結局は他人に押し付けてるんやんかって。おっしゃる通りです。

可哀相だけではどうにもできない、何ともできない。

気持ちだけではどうしようもない事もあるんや。

私だって結局は他人に押し付けちゃったんだ。

ごめんなさい。ほんとに反省してます。

小さい命を助けたいなんて・・

最後まで自分で責任が持てないのなら思っちゃいけないんだ。

誰かに迷惑をかけることになる。でも、放っておけなかった。

ほんとにごめんなさい。でも、見ちゃったら放っておけなくて

後先考えずに連れて帰っちゃって・・・

何度も何度も謝る私にYさんは

「とんでもない。そんな風に思ってくれる人がいて嬉しいよ」って言ってくれた。

真っ黒ではなく、濃いグレーのような毛色。

会社の皆は汚い猫と言ったがYさんは「キレイな猫ちゃん」と言ってくれた。

お顔も可愛い、まだ男の子か女の子かわからないけど・・・

病気の有無がはっきりするまで別の部屋で育てると言ってくれた。

せめてもの思いで医療費とミルク代は私が負担しようと思う。

それくらいしか自分にはできない事、よ~くわかったから・・・

ご迷惑をおかけします。よろしくお願いします。

命を軽く見ていたのは私の方やったかもしれない。ほんとにごめんなさい。

        cat          cat         cat

体重たったの210グラムしかない子は懸命に生きようとしてました。

生かしてあげたいと思った事は間違いだったのでしょうか?

                   cat

他人に押し付けた命を救ったとはいわないでしょう。

                   cat

ごめんなさい。捨ててくる勇気がなかった・・捨てられなかった・・

                   cat

中途半端な同情は辛さを長引かせるだけになったかもしれないんだよ。

                   cat

自分で育てられない事、わかっていました。

            見て見ぬ振りしたら良かったんですか?

                   cat

「・  ・  ・」

自問自答しながら、眠れぬ夜を過しました。

きっと、きっと優しい里親さん探します!